一軒家

一戸建て住宅を購入

販売されている新築物件の標準的な価格

不動産

一戸建て住宅を購入する際の条件のひとつに、交通アクセスが良好であるということが挙げられる。電車やバスなどの公共交通機関の路線がいくつも交わっている場所であれば、不便な生活を送るようなことにはならないのだ。そのため、交通アクセスの良い場所は、最初に選ばれるエリアのひとつである。最近発売されている新築一戸建て住宅の多くが、3000万円前後で購入可能となっており、しかもカースペース2台分付きの物件も多いので、マイカーを利用する人にも最適である。また、物件価格は駅までの距離や敷地面積によって異なるので、格安な物件を選びたいときには、駅から徒歩15分程度の場所で20坪程度の敷地の物件を選ぶべきであろう。そのような物件であれば、2500万円以下で買うことも可能である。

物件の間取りや設備の一般的な特色

分譲スタイルの新築一戸建て住宅における最大の特徴とは、一般的な家族が暮らしやすい設計になっていることである。そのために販売中の物件の多くが、3LDKから4LDKの間取りである。現在最もニーズの強い物件の特徴は、クローゼットなどの収納スペースの充実した一戸建て住宅である。そのために特に収納にこだわった物件の場合には、玄関に靴を収納できるスペースが充実している点が特徴的であろう。また都市部で敷地に制約がある場合でも、できるだけ日当たりを良くする工夫が充実している点が魅力的である。またファミリータイプの物件がメインなので、リビングルームの広さも特徴的であろう。更にキッチンの使いやすさと浴室の広さを売りものにする物件も多いために、購入するときにも様々な選択肢から選べるであろう。