一軒家

土地売買を行う

土地売買に仲介業者は必要か

不動産

現在、土地売買する場合、買主と売主の間に仲介業者が介入をします。この仲介業者とは普通は不動産会社のことです。不動産会社が介入することで面倒な手続きやその流れなどをすべて不動産会社に任せることができるため、土地売買に詳しくない人や、手続きなどを1つ1つ行っている時間がない人にとってはとてもありがたいのです。土地売買では、買主と売主の間に仲介業者が介入することでその手数料を払わなければなりません。ですが、この手数料が割高感があるのです。手数料は不動産物件の価格×3パーセント+6万円というのが普通です。例えば3000万円の土地であれば96万円も仲介手数料として支払わなければならないのです。手続きにそこまでの価値があるかといえば疑問が残るところです。

仲介業者を交えないで売買をする方法

では、土地売買をする場合、買主と売主の間で直接やり取りをすることは可能でしょうか。実は可能なんです。仲介業者は法律で守られていますが、必ず仲介業者を通さなければならないという決まりはありません。あくまでもトラブルを最小限に抑え、円滑に売買がで切ることを促進するために仲介業者がいるということです。ただ、そのことと手数料の額は別に考えなくてはなりません。もし、手数料を支払いたくなければ、買主は土地の売主を探す必要があります。よい土地が見つかった場合にも普通は不動産会社(仲介業者)を通さなければその土地が誰の物かはわかりません。そこで、登記所に行って登記を見ることで土地の所有者がわかるのです。土地の所有者がわかれば後は当事者で交渉すれば、仲介業者を介さなくても土地売買は成立します。